未分類

ほとんどの腰痛患者が間違う落とし穴

患者さんによく聞かれる湿布のお話

『腰痛の時には温湿布?冷湿布?どちらを貼ればいいですか?』

この質問をされるたびなんて答えようか悩みます。

なぜか?

人によっては適当に答えてるように聞こえるから。

それでもやっぱり答えないといけないので言いますが、

『どっちでもいいですよ』

と答えると

「えっ!(◎_◎;)」

て顔されます。

その度にやっぱりそうなるよなーて感じになります。

慢性痛には温湿布・急性痛には冷湿布みたいな感じで皆さんそう考えておられるみたいです。

だいたいいつもそういう風に言われます。

テレビなどで散々言われてますから。

これにももちろん訳はあります。

炎症を起こしたら冷やす。打撲や捻挫をした時ですね。

捻挫や打撲をした時は微細な血管が傷つき、出血します。

捻挫の後に起こる紫色になるのが出血があったってことです。

この出血を冷やすことにより止血します。

処置は早ければ早い方がいいのでここは急いでください。

次に冷えている場合。

冷えていたら温める。慢性的な症状で他より冷たい時。

ここで湿布の話に戻りますが湿布の種類にもよります。

湿布の温感・冷感は湿布の表面に散布してある薬剤によって温かく感じたり冷たく感じたりするので

実際のところ温かくなったり冷えたりしてるわけではないんです。温める湿布は難しいですが冷やす場

合は冷えピタシートなどを使ってもらえばいいです。

ボディ用の大きなやつもあります。

ではどうすればいいか?

温める場合はお風呂で温まったり、温せんねん灸

蒸しタオル、などを使ってもらったらいいです。

患部を温めると血管が拡張し、血流が良くなり、老廃物などを流してくれ

疲れなどがとれやすくなります。

 

ではどんな時に温めるか?

慢性的に筋肉の硬くなっているところ付近を温めてもらえば十分です。あとお灸などをする場合

大腸兪、腎兪、承筋、承山など膀胱経と言われる

ツボの流れに沿ったところをしてもらえればいいです。

 

 

超簡単‼︎お灸で腰痛、座骨神経痛改善 ステップ5

今回で第7回目になります。

実は腰痛を起こしやすい腕の筋肉があります。

それは腕橈骨筋。

それどこやねん(怒)て聞こえてきそうな名前でっすよね。

腕をマッサージすると気持ちのいいところです。

では参ります

超簡単‼︎お灸で腰痛、座骨神経痛改善 ステップ3

3回目になります。

今回は腰痛の重要ポイントとなる大腰筋を簡単に緩めるポイントです。

大腰筋を緩めるのに、なんと心臓を使って行きます。

心臓をマッサージするとかそんなことではないのでご安心を。

では今回も張り切って行きます

お灸で腰痛改善 ステップ1

腰痛を自分で改善できればそれに越したことはないと思います。

今は便利で探せば動画でストレッチやマッサージのやり方まで出てきます。

しかし、意外とお灸を用いた腰痛改善法は少ないです。

今回はあまり見かけないのでこの動画を撮りました。

実は腰痛を悪化させる飲み物があります

実は腰痛を悪化させるかもしれない飲み物を皆さん普通に飲んでおられます。

というのも東洋医学でいう腎経・膀胱経は腰痛と深い関係があります。

 

腎経は人間でいうエネルギーの源になり、

膀胱経は体の後ろを通っています。

どちらの経絡もおしっことすごく関係します。

 

緑茶やエナジードリンク、コーヒーなどはカフェインを多く含んでいます。

緑茶やコーヒーは好きだから揉む人はたくさんいますが、エナジードリンクは美味しいから

飲むというより疲れているから飲むという方がほとんどではないでしょうか?

 

このカフェインを腎臓がろ過し膀胱が排泄します。

 

この時カフェインの作用に利尿作用があり普通以上にこれらの臓器を使います。

臓器も筋肉と同じで使いすぎるとくたびれます。

 

これらがくたびれると始めにお話しした腰痛と深い関係から痛みのある方は悪化させる可能性が

出てきます。

 

しかし、これらを飲むとダメかというとそんなことはなく、量さえ気をつけていれば

なんら問題はないです。

なんでも加減が大事ですね。

腰痛治療の時間は長い方がいい?短い方がいい?

さて、ここで一つ問題。

腰痛だけではないですが治療時間は長い方がいいか?短い方がいいか?

正解は短い方がいい。当然ですよね。

たとえ短い時間でも治療は体を多少なり傷をつけます。

今回はそんな話を撮ってみました

ヘルニアと小臀筋のトリガーポイント間違ってないですか?

まずヘルニアの症状から。しびれ、感覚異常、痛み。

ヘルニアのL4L5の症状といえばお尻から下がっていき、膝のところから前に走る痛み。

小臀筋ではまず着目したいのがトリガーポイントによる関連痛です。

小殿筋ではお尻から下に下がって踵まで

簡単に言えば…

ヘルニアや坐骨神経痛と似た下肢への症状が出現するからです。

まぁ、下肢への症状と言っても小殿筋の場合は関連痛ですが…

とは言ってもなかなか侮れません。

足関節まで届く!ということです。

厳密に言えば…【殿部、大腿外側から膝、下腿外側へと足関節まで】

小殿筋にトリガーポイントが形成されるだけで痛みの部位だけでいったらこれだけ広範囲に及ぶ関連痛が起こる可能性があるわけです。

ヘルニアや坐骨神経による症状の場合、下肢全体(足部)まで含む痛み・痺れを感じることがありますが、小殿筋の関連痛では足関節までのため影響ありません。

またトリガーポイントによる関連痛のため、感覚の低下や反射異常、また痛みへの圧痛などは認められません。

これらを踏まえて間違った認識をしないでくださいね。

 

足関節捻挫と座骨神経痛の関係知っていますか?

座骨神経痛と聞くとお尻が痛い、足が痺れる、一枚布をかぶせたような感覚の鈍さなどの症状を

一般的に刺すことが多いです。

これらを引き起こす疾患として腰椎板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、腰椎すべり症、などが

あります。でも、病院で検査をしても全然原因がわからない時もあります。

そんな時に言われるのが筋力不足、筋肉の柔軟性の低下、うつ病なんてことも言われることもあります。

病院だと腰しかレントゲンやMRIなどの検査はしないからそれ以外の異常があっても

発見できません。

そんな時、意外とこれが原因だったりします。

それは、足関節捻挫。

これって皆さん忘れたり、座骨神経痛に関係ないと思って問診でもこっちから聞かないと

言ってくれてません。

これが原因だと言っても「えっΣ(・□・;)」て大抵言われます。

僕も実際初めてこの事実を知った時は

「えっΣ(・□・;)」てなりましたけど。

今回はなぜこれが原因となるのかお話します。

まずは足の解剖から。

足の骨は小さな骨の複合体でできています。

細かい名前などは覚える必要はないですが、ブロックの集まりと思ってください。

これが捻挫などで損傷すると動きにくくなります。

複雑な構造のせいで一つでも動きの制限を受けるとクッションの役割ができず衝撃をモロに受けます。

特に腓骨に衝撃を受けます。本来は衝撃をにがす構造になっています。

それが腓骨に制限を受けると衝撃を逃がせなくなり、

その衝撃を受けるとそれをかばおうと筋肉に緊張が走ります。

腓骨筋が硬くなります。腓骨筋が硬くなると周りの前脛骨筋や腸脛靭帯、臀筋などにも

その影響で筋肉が硬くなって疲れやすくなります。

これらを繰り返すとどんどん疲れがたまる➡︎少し歩くと足がだるくなる➡︎

疲れがたまる➡︎最終的には足が痺れる

これが坐骨神経に沿って出てくると病院ではまずヘルニアなどのように腰の検査をされます。

でもこれでは何も出てきませんよね。腰に何も問題ないんだから。

なかなか足の捻挫が原因だと思う人は少ないと思います。

僕は腰痛専門でやっているので今ではかなりの確率で遭遇しますが

一般ではなかなかそういう機会に出会いませんよね。

過去にスポーツをやっていた方。特にバレーやバスケットなどの経験者で腰痛や座骨神経痛がある方、

長時間歩くと足がすごくだるくなる方。

一度そういう怪我をしたことがないか思い出してください。

忘れているだけで足関節捻挫をしていたかもしれませんよ。

そのことについて動画を撮りました