産後の腰痛が改善しないのはこれが原因かも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産前、産後の腰痛に悩まされるママさんはたくさんおられると思います。

これから子育ては大変な事なのに腰痛で育児ができないとなると大問題。

抱っこしたり、お風呂に入れたり、家の事もしなきゃいけない。

腰痛でそれらができないとストレスがたまりまくり。

整形外科に行ってレントゲンを撮っても異常なし。

整骨院に行って腰をマッサージや鍼をしてもらっても改善しない。

もう、どうしたらいいのと困っていませんか?

もしかすると出産に仕方に問題があったのかも。

分娩するとき普通分娩と帝王切開とに分かれると思います。

どこが問題かというと、帝王切開をするとおへその下から恥骨付近までパックリと

切ります。切ること自体は問題ではないですが、その後傷あとが癒着を起こし

皮膚がつっぱたり、筋肉が硬くなり本来あるべき動きを制限したりで負担がすごく大きく

なると疲れやすくなり、疲れが蓄積するとぎっくり腰の原因になったり、

慢性腰痛を引き起こしたりします。

でも、もうこうなるとどうしようもできないかというとそんなこともないので、

一度腰痛専門のところで相談してみてくださいね。

そのことについて今回は動画を撮っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*