気象病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は『気象病』のメカニズムが
のっていたのでシェアします。

原因1
急激な気圧の変化(減圧)で体内のヒスタミン、
ヒスタミン様物質が体内にできて、体内の水分が貯留し
平滑筋収縮、血管透過性、炎症反応が増強される説。

原因2
交感神経、副交感神経ともに敏感になるため。
アクセル・ブレーキを同時に踏み続けているような
もの。
自律神経がおかしくなるために痛みがでる

原因3
体が急激な気圧の変化をストレスと受けとってしまう
為に下垂体前葉、副腎皮質が活性化されるため。

等の説があります。次回は対処法など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*